交通アクセス|アクビー歯科

TEL&FAX: 0857-22-7100
  • ホーム
  • クリニックについて
  • 診療のご案内
  • 院内・施設紹介
  • 交通アクセス

診療内容

当クリニックの診療内容です。コミュニケーションを大切にした親切丁寧な診療をいたします。

  1. 虫歯治療
    1. 虫歯とは歯に付着した歯垢(プラーク)中の虫歯菌が口の中の糖分を代謝して「酸」を産生し、その酸によってお口の中は酸性になり歯が溶け始めます。

      これを脱灰といいます。

      しばらくすると、唾液の作用で酸が中和され、お口の中は酸性から中性に変化します。そして、唾液中のカルシウムやリンなどのミネラルが歯の表面に沈着すると歯が修復されます。これを再石灰化といいます。

      虫歯とはお口の衛生状態の悪化や食生活の乱れなどからこの脱灰と再石灰化のバランスが崩れて、脱灰の時間が長くなることにより歯に穴があく病気です。

    2. 虫歯の治療歯の内部は表層から順にエナメル質→象牙質→歯髄となります。

      • C0⇒ 歯の表面が白っぽく濁って透明感がない虫歯直前のものです。
        カルシウム等の無機成分が溶け出している状態なので、穴があくところまでは進んでいません。 この段階ならフッ素入り歯磨剤の使用やフッ素塗布により元の歯の状態に戻すことも可能です。

      • C1⇒ 虫歯がエナメル質までしか達していないものです。(写真) 通常、痛みはなく、虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

      • C2⇒ 虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。(写真) 象牙質はエナメル質により軟らかいので、むし歯の進行は速くなります。
        冷たいものにしみたりすることがあります。
        C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填したり、削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

      • C3⇒ 虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。(写真) 歯髄中に細菌が侵入し、激しい痛みを伴うことがあります。 歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、歯髄にかわるお薬を充填します。 その後、歯髄を除去した歯はもろくなりますので、金属やセラミックの冠を被せます。

      • C4⇒ 歯の大部分が溶けてなくなり、根の部分だけが残っている状態のものです。(写真) やむを得ず抜歯をすることがあります。 抜いた所は傷の治癒後に、ブリッジ・入れ歯などの方法で補うことになります。

診療内容を選ぶ
  1. 歯周病治療
    1. 歯周病とは歯の周囲に付着した歯垢(プラーク)中の歯周病菌により、歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。歯肉から出血したり、膿がでたり、歯がグラグラして最終的には抜け落ちてしまいます。

      また、歯周病は歯が抜けてしまうばかりではなく、糖尿病への悪影響、心内膜炎、誤嚥性肺炎、動脈硬化、早産や低体重児出産の原因になります。

      日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

    2. 歯周病の治療
      • 口腔内診査
        歯周ポケット検査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型採取などを行い、お1人お1人に適した治療計画を検討いたします。

      • 初期治療

        • ブラッシング指導
          歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。プラークが沈着しないようにする事は歯周病治療の基本です。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスの使用などで改善をはかります。

        • 歯石除去
          殆どの歯石は器械で落していきますが、歯周ポケットの深い所に付着している歯石は手用器具を使って除去します。深い所の処置なので、麻酔が必要な場合があります。

      • 再検査
        この段階で再度検査にて状況を確認します。軽度の歯周病であればこれで治療が終了することもあります。

      • 歯周外科処置
        中等度~重度の歯周病の場合、歯周ポケット深部の歯石は手作業では取りきれません。そのような場合は、麻酔をしてから歯肉を切開し、残っている歯石や歯垢を直視して取り除く外科処置を行うこともあります。

      • メインテナンス
        残念ながら歯周病により溶けた骨は元の状態にまで戻ることはありません。したがって、治療後の状態を維持して進行しないよう努める必要があります。

        そのためには、定期的なメインテナンスが必要です。

        歯周病による骨再発防止のため、患者さん自身のブラッシングに加え、我々専門家が行うクリーニングが大切になってきます。ご自身では磨ききれない所や磨けていない所を我々がフォローいたします。

診療内容を選ぶ
  1. 小児歯科
    • 乳歯のむし歯は放っておいて大丈夫?
      乳歯のむし歯はいずれ永久歯に生え変わるからといって放っておくと、永久歯に悪影響を及ぼすことがあります。
      また、むし歯で咬めない状態が続くと顎の発育が悪くなり歯列不正を招いたりすることがあります。

      治療内容は、むし歯の所を取り除き合成樹脂(レジン)を充填したり、金属の詰め物(インレー)を装着したりします。
      歯の神経まで達してしまったむし歯や神経が死んでしまった場合は根の治療後、修復処置を行います。
      また、フッ素を定期検診時に塗布し、歯質を強化したり、むし歯菌の働きを抑えるよう予防処置も行っています。

    • 痛くない治療を心掛けています。
      当クリニックはなるべく痛くない治療を心掛け、お子様の方から治療や予防に行きたいと思ってもらえるような医院づくりに励んでいます。最初は上手にできなくても構いません。徐々に「思ったより怖くない」、「自分でもできるんだ」という自信がつくと人が変わったように治療ができるようになるお子様をたくさん経験してきました。このお子様の成長していく瞬間は親御さんだけではなく、私達にとっても大変うれしいものであります。

診療内容を選ぶ
  1. 入れ歯

    歯がないままにしていたりや顎にあわない入れ歯を使用しているとしゃべりにくい、咬みにくい、歯茎が痛いなどの症状がでます。ご自身にあった入れ歯を使用して日常生活を送りましょう。入れ歯の種類は残っている歯に応じて「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。お気軽にご相談下さい。

    • 総入れ歯

      歯が全部なくなってしまった時に装着する入れ歯です。

    • 部分入れ歯

      歯がなくなった部分にのみ装着する入れ歯です。残っている歯に細い金属を引っかけて入れ歯が動きにくいようにします。

    • ノンクラスプデンチャー

      入れ歯に針金が付かない審美性に優れた入れ歯で、スマイルデンチャーとも呼ばれます。ただし、保険外診療となります。

診療内容を選ぶ
  1. 予防歯科
    • PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

      自分自身ではしっかり磨いているつもりでも歯ブラシが届きにくい所あったり、個々の磨き方の癖などにより汚れが残ってしまいます。その磨き残しがむし歯や歯周病の原因になります。そこで定期的なPMTCをおすすめしています。PMTCとは、歯科衛生士が専用器具を使って歯の表面についた歯垢・歯石を除去する方法です。むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、なりにくいお口の環境作りをしてみませんか。

診療内容を選ぶ
  1. ホワイトニング

    ホワイトニングとは、薬剤により歯を白くする方法です。 ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2つに分けられます。

    • オフィスホワイトニング
      歯科医院内で歯に薬剤を塗って行う方法です。
      専用の薬剤を歯に塗布した後、ホワイトニング用ライトを当てることによって歯の着色成分を変化させることで黄ばみを改善します。
      短時間で白くなりますが、後戻りは早いという特徴があります。

      ※)オフィスホワイトニングは現在準備中です。詳しくはお問合せください。

    • ホームホワイトニング
      患者さんの歯型を型取りしてできるマウストレーに自宅で薬剤を入れてご自身で行う方法です。 1日6時間程度装着を2~4週間程度継続する必要がありますが、後戻りは遅いという特徴があります。

診療内容を選ぶ
このページの上へ